医療脱毛のショットについて教えてください。

“医療脱毛は、現在行われている脱毛の中でも特に強力で永久脱毛の効果が得られることもあり、医療脱毛を希望する人が多くなっています。

まずはどのような方法で脱毛が行われるか知っておきたいですが、現在の医療機関の脱毛ではレーザー脱毛が主流となっています。

ワキ脱毛
レーザー脱毛はワックスのように毛を抜き取る必要はなく、そして以前主流であった針脱毛のように毛穴に針を差し込む必要もありません。

事前に脱毛したい部分はカミソリなどで処理しておき、その部分にレーザーを照射させることで脱毛効果をあげていく方法です。

レーザーは毛根の黒いメラニン色素に反応し、毛根を破壊していくことで脱毛の効果をあげていくこととなります。

そしてレーザーを照射するときの1回の照射のことをショットと呼びます。

そしてその照射の範囲内であれば、その部分の毛根を処理することが可能となっています。

医療脱毛の場合も医療機関によって使われている脱毛器には違いがありますので、一度の照射の範囲にも違いがあります。
それゆえにクリニックを選ぶときはどのような機器が利用されており、ワンショットあたりの範囲はどれぐらいなのか確かめておくと良いでしょう。

1回のショットの時間はわずか一秒程度ですので、広範囲の脱毛であっても短時間での処理が可能となっています。

そしてレーザー脱毛は一度で終わるのではなく、毛周期に合わせて何度も行っていき、施術ごとにだんだんと効果が現れ、毛が薄く目立たなくなっていきます。

Tags

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です